大容量のファイルを日々扱う人はWiMAX2+がおすすめ

大容量のファイルを日々扱う人はWiMAX2+がおすすめ

大容量のファイルを日々扱う人はWiMAX2+がおすすめ

WiMAX2+を使うのに向いている人は、とにかく大容量のファイルを日々扱う人です。

 

映画やドラマなどの動画ファイルを、1日に何十個も楽しむような人は、速度も圧倒的で、通信量に制限のないWiMAX2+が使いやすいでしょう。3年目以降は通信量にリミットが設けられてしまいますが、それでも圧倒的なダウンロード速度は魅力的です。

 

WiMAX2+が向かない人は、郊外など、都市部から離れたところに住んでいる人や、とにかくどこでもネットにつなげられないと困る、という人です。

 

WiMAX2+エリアは現在全国に拡大中ですが、かなりの田舎や郊外に出てしまうと不通になることはあります。
日本全国、山奥や田舎のどこに行ってもネットができないと困るという人は、WiMAX2+には向かないでしょう。

 

■とにかく通信速度が速い、圧倒的なダウンロード速度

 

WiMAX2+の特徴は、圧倒的な通信速度にあります。下りの速度で、平均110mbpsを叩きだす外出用インターネット機器は、他にありません。

 

一世代前のWiMAXで平均40mbps、LTEで75〜80mbpsほどが普通です。とにかく快適に、ダウンロードができるというのが、使ったときの実感です。
映画やドラマなど、大容量のファイルを毎日扱う人に向いています。1日に何本も外で映画やドラマを見たい人は、迷わずWiMAX2+を契約しましょう。インターネットを快適に使用できる快感は、一度知ってしまったらヤミつきになること、まちがいなしです。

 

■WiMAX2+の高速エリアもぞくぞく拡大中

 

WiMAX2+の通信料可能エリアは現在全国へ拡大中です。

 

都心や主要都市でつながらないということはめったにありませんが、郊外に行くと不通になってしまうことがあります。

 

なので、どこに行ってもネットが使いたいという人には向かないかもしれません。
ですが、エリア外になっても、WiMAX通信やau4GLTEにスイッチすることができるので、多少通信速度が落ちてもいいという人は、WiMAX2+でも問題ないでしょう。

関連ページ

WiMAXはこういう人に向いている
WiMAXの優れている点は、通信量に制限がないところです。イーモバイルや3年目以降のWiMAX2+は、ある一定量を経過すると、通信制限がかかってしまうので、あとどのくらい使ってもいいのかを常に気にする必要があります。
WiMAXとWiMAX2+のニュース
UQ WiMAXは、WiMAX、WiMAX2+の新しいサービスとして、新型のルーターを発売することを決定しました。一定の月額料金を支払うと、WiMAX、WiMAX2+が速度制限なしで自由自在にインターネットを利用することが可能になります。
プロバイダー契約の注意点
WiMAXのプロバイダーと契約するときに注意すべき点は、何年契約になっているか、契約途中で解除した場合違約金が発生するのか、という点です。大手プロバイダーの多くは、1年・2年契約など、年数でインターネット機器を使用する契約を結ぶことが多いです。
テザリングとWiMAX比較
最近は多くの方たちが、Wi-FiやWiMAXなどのような通信機器を利用するようになりました。それだけ便利になったということです。スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして使用できる通信サービスの、テザリングが話題になっています。
アプリダウンロードに時間がかかる?
インターネットを利用すれば、音楽や動画、またゲームアプリなども利用できます。 特に最近はゲームをする人も増えてきており、ネットを介したオンラインゲームの人気も高くなっています。
お引越しもラクラク♪
WiMAX2+は引越しするときにも非常に便利です。固定回線とは違い、工事をする手間がないので、すぐに新居でインターネットを再開することが可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ