WiMAXは自由にインターネットを楽しみたい人に向いている

WiMAXは自由にインターネットを楽しみたい人に向いている

WiMAXは自由にインターネットを楽しみたい人に向いている

クレジットカードなしでも無線Wi-Fiが利用できるWiMAXサービス。

 

WiMAXの優れている点は、通信量に制限がないところです。

 

イーモバイルや3年目以降のWiMAX2+は、ある一定量を経過すると、通信制限がかかってしまうので、あとどのくらい使ってもいいのかを常に気にする必要があります。

 

これは思った以上にストレスになってしまいます。細かいことを気にしたくない人、自由にインターネットを楽しみたい人に、WiMAXはうってつけでしょう。

 

WiMAXを使う上でのデメリットは、場所によっては電波状況が悪くなってしまうところです。
エリア自体は広いのですが、窓から離れた室内、電車の中などでパフォーマンスが少々落ちてしまう場合があります。
屋外は問題なく使用できますが、頻繁に屋内、障害物に囲まれたところでネットを使う人は、使用を考えた方がいいでしょう。

 

■通信量制限なし、使い放題のWiMAX

 

WiMAXの最大の長所は、通信量に制限がないところです。いくら使ってもいいのは、とにかくネットをしたい人にはたまらないでしょう。他のルーターにない、WiMAXだけの特徴です。

 

他の通信機器と比較してみましょう。
電波状況がとにかくクリアで、障害物もほとんど問題にしないイーモバイルは、通信量に制限が設けられています。ある一定の量を超えて通信してしまうと、リミットに触れてしまいます。

 

通信速度がウリのWiMAX2+は、契約してから3年目以降は、7GBの通信量制限が設定されています。こちらも、制限量を超えてしまうと、アウトです。
WiMAXを使うのに向いている人は、細かい制限など気にしたくない、自由にネットを利用したい人です。のびのびとした自由さを求める人に、WiMAXは向いているといえます。

 

■場所によっては入りが悪いWiMAX

 

エリアや使用場所によっては、電波状況が悪くなってしまうのが、WiMAXの数少ない欠点です。WiMAXエリア外や窓から遠く離れた室内、地下鉄などの乗り物の中は、通信状況を乱す可能性があります。

関連ページ

WiMAX2+はこういう人に向いている
WiMAX2+を使うのに向いている人は、とにかく大容量のファイルを日々扱う人です。映画やドラマなどの動画ファイルを、1日に何十個も楽しむような人は、速度も圧倒的で、通信量に制限のないWiMAX2+が使いやすいでしょう。
WiMAXとWiMAX2+のニュース
UQ WiMAXは、WiMAX、WiMAX2+の新しいサービスとして、新型のルーターを発売することを決定しました。一定の月額料金を支払うと、WiMAX、WiMAX2+が速度制限なしで自由自在にインターネットを利用することが可能になります。
プロバイダー契約の注意点
WiMAXのプロバイダーと契約するときに注意すべき点は、何年契約になっているか、契約途中で解除した場合違約金が発生するのか、という点です。大手プロバイダーの多くは、1年・2年契約など、年数でインターネット機器を使用する契約を結ぶことが多いです。
テザリングとWiMAX比較
最近は多くの方たちが、Wi-FiやWiMAXなどのような通信機器を利用するようになりました。それだけ便利になったということです。スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして使用できる通信サービスの、テザリングが話題になっています。
アプリダウンロードに時間がかかる?
インターネットを利用すれば、音楽や動画、またゲームアプリなども利用できます。 特に最近はゲームをする人も増えてきており、ネットを介したオンラインゲームの人気も高くなっています。
お引越しもラクラク♪
WiMAX2+は引越しするときにも非常に便利です。固定回線とは違い、工事をする手間がないので、すぐに新居でインターネットを再開することが可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ